透明感のある肌に近づけるためにはくすみを無くすこと

微笑む婦人

プルーンの効果を化粧品に

笑顔で鏡を見る人

女性ホルモンの乱れが一因

肌のくすみの原因となるものに、紫外線や加齢があります。また、妊娠などによってもホルモンバランスが崩れて肌にくすみが生じることがあります。女性ホルモンのうち黄体ホルモンというものには、メラニン色素を作るメラノサイトを活発にする作用があるのです。妊娠は30代くらいの女性の場合ですが、更年期を迎える50代くらいの女性の場合には、エストロゲンという女性ホルモンの減少によって肌にくすみが現れます。エストロゲンは骨粗鬆症を防ぐ役割も持っており、足りなくなると脳はエストロゲンを分泌するよう促します。しかしこの脳の命令はメラノサイトにも働きかけてしまうために、肌にメラニン色素が増えてくすみが生じるもとになるのです。したがって、女性はライフステージの変化とともに化粧品を工夫して肌にくすみが出るのを防ぐ必要があります。

メラニンの作用を阻害する

女性の肌のくすみを改善したり防いだりする成分として、最近注目を浴びているのが酵素です。酵素には数え切れないほどの種類があり、化粧品や健康食品にも利用されています。そうした酵素の関連成分の中で、肌のくすみを改善できる成分として女性たちから関心を持たれているものにプルーン酵素分解物というものがあります。これは、プルーンの果実の果肉を酵素のパワーを使って分解したものです。肌の表面には角質細胞という細胞があり、ここにメラニン色素が入り込むことでくすみができます。プルーン酵素分解物は、この角質細胞にメラニン色素が入り込めないようにする作用を持っているのです。さらに、表皮の細胞にあるメラニンの集合体を取り込みにくくするという働きも持っています。このように科学的にも解明されたくすみ改善効果を持つプルーン酵素分解物は、これから女性の肌のくすみという悩みを解消するために活用されていくと期待されています。