透明感のある肌に近づけるためにはくすみを無くすこと

微笑む婦人

原因を知って予防する

スキンケア

様々な原因があります

肌のくすみで悩んでいる方も多いと思いますが、これには様々な原因があります。まず日焼けや炎症などによってメラニンが過剰に作られ、排出がうまくいかなくなった時に起こります。これは日焼け止めや日傘など紫外線に気をつけることで予防できます。乾燥して肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、ツヤが失われてくすむこともあります。肌が乾燥した状態にならないようにこまめに保湿をすることが大切です。そして血行不良によって起こるくすみもあります。これには睡眠不足や喫煙、便秘なども関係しているので生活習慣に気をつけて体を冷やさないようにしましょう。他にも脂質の過剰摂取や糖質の過剰摂取、ストレスなどで起こるくすみもあります。

洗顔方法を工夫しましょう

このような肌のくすみを改善するためには洗顔方法を工夫しましょう。間違った方法で洗顔をすると肌に刺激を与えてしまったり、肌のバリア機能を担っている物質まで落としてしまったりすることがあります。洗顔前に手を洗い、汚れや雑菌をしっかりと洗い流すことが大切です。そして肌の水溶性の汚れを落とすために、まずはぬるま湯で洗いましょう。次に洗顔料をきめ細やかになるまでしっかりと泡立て、手と肌が当たらないように泡で洗いましょう。しっかりとすすぎ、タオルで優しく水分を拭き取ります。このように洗顔方法を工夫すると肌のくすみやニキビ、シワなどの肌荒れを防ぐことができます。他にも生活習慣を見直し、乾燥や紫外線を防いでくすみを解消しましょう。